一般社団法人 電解水透析研究会
 
ホーム 組織概要 研究内容 お問合せ
一般社団法人 電解水透析研究会
 
ホーム 組織概要 研究内容 お問合せ
研究内容
研究内容
研究内容 透析と酸化ストレス
透析と酸化ストレスのかかわり

現在、わが国における透析患者の平均余命は一般人口の約半分と短く、その死亡原因の56.8%は脳心血管病および感染症が占めます。
その原因として尿毒症自体に起因する、そして血液透析治療による炎症反応および酸化ストレスが大きく関与して動脈硬化を促進していると考えられています。こう書くと炎症反応は悪い反応のように見えますが、炎症反応とは異物の侵入や細菌感染・科学的・物理的作用によって異物化した組織(障害された、壊死に陥った組織など)を排除しようとする生体の防御反応を意味し、生体生存のために必要な反応です。
透析治療は生体と非生体が接する治療ですから、必ずや非生体を異物と認めた炎症反応が生じます。この炎症反応をできるだけ少なくする試みとして、生体適合性の良好な透析膜への改良(補体活性化や好中球・単球の活性化が少ない膜)や透析液を清浄化し細菌やエンドトキシンによる汚染を少なくする試みなどが行われてきました。

酸化ストレスを軽減するために

それでもなお、組織障害の目安となるC反応性蛋白陽性例は透析患者の20〜60%いると報告されています。また、透析患者死亡率を減少させるために酸化ストレスや炎症を軽減する臨床研究もなされてきました。脂質異常症の治療薬のスタチン投与、降圧剤であるアンジオテンシン変換酵素阻害剤やアンジオテンシン受容体阻害剤の投与、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC投与などです。
しかし、効果があるという報告とないという報告がそれぞれあり、明確な治療指針とはなっていないのが現状です。
我々も少ない症状ながら、電解水を使った透析に変更後、掻痒感の減少、四肢冷感の改善、透析後の疲労感の軽減症例を経験しています。
電解水を使った透析によると思われる有害な反応は認めていません。
最近、電解水に含まれる水素がヒドロキシラディカルと反応し、酸化ストレスや炎症反応を抑えることが透析患者で確認されてきました。また、血圧を下げる効果があることも観察されています。
このように電解水を使った透析システムは、透析による酸化ストレスや炎症反応を軽減させ、これによる透析患者の脳血管病や感染発症を予防・減少させる可能性をもっていると考えられます。
多数例でのより長期間にわたっての電解水を使った透析の良好な結果が期待されています。

研究内容 電解陰極水とは?

「電解陰極水とは」

水は水素と酸素からできています。イオンを含む水に電気エネルギーを与え、分子状水素と分子状酸素に分解することを水の電気分解(電解)といいます。このとき、プラス極側には酸素を含んだ酸性の水、マイナス極側には水素を含んだアルカリ性の水ができます。さらに、水の中にある陽イオンがマイナス極側へ移動し、陰イオンは逆にプラス極側へ移動します。このマイナス極側の水が電解陰極水です。
電解陰極水は、活性酸素種の代表格であるスーパーオキシドアニオンラジカル(O2・-)を消去するSOD活性と過酸化水素(H2O2)を消去するカタラーゼ様活性を持つことが報告されています(Shirahata, S et al. Biophys Res Commun. 1997 234:269-274)。また、電解陰極水は糖尿病誘発物質であるアロキサンによる培養細胞内の活性酸素種上昇を抑制することが報告されています(Yuping Li et al. Cytotechnology 2002 40:139-149)。このように、電解陰極水には抗酸化性があることが分かってきています。 この電解陰極水をRO処理した水で透析液を調製し、その酸化性をルミノール試薬の酸化発光を指標として通常透析液と比較したところ、通常透析液よりも酸化性が低いことが分かりました(Nakayama, M et al. Hemodialysis International 2007 11:322-327)。


 

研究内容 電解水透析ハンドブック
ハンドブック「電解水透析とは?」
(専門家向け)
定価:本体1,000円+税
 
【発行元・お問い合わせ先】
一般社団法人 電解水透析研究会
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15F
TEL:03-5511-8680 FAX:03-5511-8661
e-mail:info@ew-hd.org
 
 
 
 
 
 
研究内容
研究内容
研究内容
研究内容 透析と酸化ストレス 研究内容 電解陰極水とは?
   
透析と酸化ストレスのかかわり

現在、わが国における透析患者の平均余命は一般人口の約半分と短く、その死亡原因の56.8%は脳心血管病および感染症が占めます。
その原因として尿毒症自体に起因する、そして血液透析治療による炎症反応および酸化ストレスが大きく関与して動脈硬化を促進していると考えられています。こう書くと炎症反応は悪い反応のように見えますが、炎症反応とは異物の侵入や細菌感染・科学的・物理的作用によって異物化した組織(障害された、壊死に陥った組織など)を排除しようとする生体の防御反応を意味し、生体生存のために必要な反応です。
透析治療は生体と非生体が接する治療ですから、必ずや非生体を異物と認めた炎症反応が生じます。この炎症反応をできるだけ少なくする試みとして、生体適合性の良好な透析膜への改良(補体活性化や好中球・単球の活性化が少ない膜)や透析液を清浄化し細菌やエンドトキシンによる汚染を少なくする試みなどが行われてきました。

酸化ストレスを軽減するために

それでもなお、組織障害の目安となるC反応性蛋白陽性例は透析患者の20〜60%いると報告されています。また、透析患者死亡率を減少させるために酸化ストレスや炎症を軽減する臨床研究もなされてきました。脂質異常症の治療薬のスタチン投与、降圧剤であるアンジオテンシン変換酵素阻害剤やアンジオテンシン受容体阻害剤の投与、抗酸化作用のあるビタミンEやビタミンC投与などです。
しかし、効果があるという報告とないという報告がそれぞれあり、明確な治療指針とはなっていないのが現状です。
我々も少ない症状ながら、電解水を使った透析に変更後、掻痒感の減少、四肢冷感の改善、透析後の疲労感の軽減症例を経験しています。
電解水を使った透析によると思われる有害な反応は認めていません。
最近、電解水に含まれる水素がヒドロキシラディカルと反応し、酸化ストレスや炎症反応を抑えることが透析患者で確認されてきました。また、血圧を下げる効果があることも観察されています。
このように電解水を使った透析システムは、透析による酸化ストレスや炎症反応を軽減させ、これによる透析患者の脳血管病や感染発症を予防・減少させる可能性をもっていると考えられます。
多数例でのより長期間にわたっての電解水を使った透析の良好な結果が期待されています。

「電解陰極水とは」

水は水素と酸素からできています。イオンを含む水に電気エネルギーを与え、分子状水素と分子状酸素に分解することを水の電気分解(電解)といいます。このとき、プラス極側には酸素を含んだ酸性の水、マイナス極側には水素を含んだアルカリ性の水ができます。さらに、水の中にある陽イオンがマイナス極側へ移動し、陰イオンは逆にプラス極側へ移動します。このマイナス極側の水が電解陰極水です。
電解陰極水は、活性酸素種の代表格であるスーパーオキシドアニオンラジカル(O2・-)を消去するSOD活性と過酸化水素(H2O2)を消去するカタラーゼ様活性を持つことが報告されています(Shirahata, S et al. Biophys Res Commun. 1997 234:269-274)。また、電解陰極水は糖尿病誘発物質であるアロキサンによる培養細胞内の活性酸素種上昇を抑制することが報告されています(Yuping Li et al. Cytotechnology 2002 40:139-149)。このように、電解陰極水には抗酸化性があることが分かってきています。 この電解陰極水をRO処理した水で透析液を調製し、その酸化性をルミノール試薬の酸化発光を指標として通常透析液と比較したところ、通常透析液よりも酸化性が低いことが分かりました(Nakayama, M et al. Hemodialysis International 2007 11:322-327)。


 


研究内容 電解水透析ハンドブック 研究内容
   
ハンドブック「電解水透析とは?」
(専門家向け)
定価:本体1,000円+税
 
【発行元・お問い合わせ先】
一般社団法人 電解水透析研究会
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル15F
TEL:03-5511-8680 FAX:03-5511-8661
e-mail:info@ew-hd.org
 
 
 
 
 
 

研究内容 研究内容
   
Copyright (C) 2011 Association of EW-HD Study Group